• 個別指導のしすくる常滑校

大河原町が学力が全国トップクラスの理由はICT活用授業

本日のニュース記事からです。


ヤフーニュース。写真が見れます。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00010002-oxv-l04


仙台放送。こちらは動画で確認できます。

http://ox-tv.jp/nc/smp/article.aspx?d=20190222&no=18


なぜ、しすくるはICTを活用するのか。

当校だけではなく、映像授業をはじめ、タブレットやパソコンで学習する塾が増えたのか。


同じ学習時間で効率よく学ぶためなのですが、

これはシステム的に学習できるというメリットもありますが、一番大きいのは、

人間の頭の構造です。


プリントを何回もわからないのがありながら解いて解説ばかり受けても、その解説が頭に入らなく、理解が進みません。

しかし、パソコンやタブレットで画面を短時間に集中して見たあとに問題を解く場合は、自分で視聴する(学ぶ)という行動から入ります。

塾内でも自ら学ぶという姿勢を自然に持てる、精神的に準備ができるのが大きく、

学ぶ意識を持って学習するために、記憶しやすくなっています。


また、テキスト学習は文字からのインプットだけですが、パソコン・タブレット学習は目と耳からのインプットができ、イメージとして記憶でき、思い出しやすくなります。



英検もCBTとなり、大学入試もCBT導入が検討されています。

プログラミング教育も2020年に小学校、2021年に中学校で必修化になり、道具としてICTを当たり前に活用する時代となりました。


何をどうやって学ぶことが大切なのかを考えなくてはなりません。

事例の最後にありましたが、ICTは道具です。ノートへのアウトプットを含めて、頼るのではなく活用することが、学力アップへとつながります。

6回の閲覧