• 個別指導のしすくる常滑校

プログラミング的思考とは何か

論理的思考と書くと、ビジネス教育で言われる「ロジカルシンキング」ですね。

イメージできる方も多いかと思います。

最近の人材教育では、ビジネス的思考の基本としてよく行われています。


では、小学校のプログラミング授業義務化に伴いでてきた

「プログラミング的思考」

これのイメージがつく方はどれだけいるのでしょうか。



そもそもプログラミングと聞くと、誰でも「プログラマー」が仕事としてやっている

「コンピュータプログラム」「プログラム開発」「プログラミング言語」

をイメージします。





黒い画面に書いてあるこれですね。

プロの方はこの写真を見て「あ、ホームぺージ書いてる」なんて言語でわかってしまいます。



「プログラミング的思考」と「プログラミング」は全く違います。


文部科学省「小学校プログラミング教育の手引き」によりますと、

プログラミング的思考⇒ 自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といった ことを論理的に考えていく力。

と書かれています。

入試改革でも言われている「思考力・判断力・表現力」を身につける思考です。





文部科学省「小学校プログラミング教育の手引き」の中で、もう少しイメージしやすいものとして、プログラミング教育を導入した目的があります。

有識者会議での説明内容で

情報技術を効果的に活用し ながら、論理的・創造的に思考し課題を発見・解決していくために、「プロ グラミング的思考」が必要であり、そうした「プログラミング的思考」は、 将来どのような進路を選択しどのような職業に就くとしても、普遍的に求められる力であるとしています。

とプログラミング的思考について記載されています。

「論理的思考、創造性、問題解決能力」の育成です。


プログラミング的思考は、ここに記載されている通り、「将来どのような進路を選択し、どのような職業に就くとしても、普遍的に求められる力」とされています。

プログラマーになるための思考ではないですね。



少しご理解いただけましたでしょうか。

このプログラミング的思考を学習するねらいについては、また教育改革で述べたいと思います。



ではこのプログラミング的思考、どうやって学習するのでしょう。




苦手意識を持たないように、ゲーム感覚で楽しく学ぶことを文部科学省が推奨しています。


文部科学省、総務省、経済産業省等で構成されている未来の学びコンソーシアムの小学校プログラミング教育必修化に向けてパンフレットの記載事例です。


①まず、簡単な題材を与えて手法を学習します

 「ロボットに△を書かせるにはどうしたらよいかな?」

目的に対して、指示するパターンを考え、ミスがあれば何が間違ったのかを自ら考えていきます。


②では、この考え方を使ってもっと図形を描いてみよう

パンフレットでは六角形を描いています。

実際に子どもたちにこの授業を行うと、角度を変えて四角形や六角形を描く子どももいれば、複数の三角形を使って星型を描いたり、いろんな画ができあがります。


創造性を育んでいきます。

思考の学習なので、正解はありません。



ここで気づいた方もいるかもしれませんが、プログラミング的思考は他の教科の学習向上にもつながっていきます。特に算数や理科と相性が良いです。

進む量や角度を調整していくことで、実践で学んでいけます。


また、ここでは「繰り返す」という指示もしています。

論理的思考は効率的な思考へとつながります。



少しイメージできましたか?


学校で何を学んでくるのか。

時代は変わっていき、ICTが教育現場に導入されて、今までの学習とは違ったものがでてきます。

理解できない親御様も多いかと思いますが、しすくるは学校教育改革やICTに対応して個別指導しています。


わからないことは、ぜひ親御様からでもご質問いただければと思います。

タブレット操作やパソコンの基本操作も大切になってきますね。